2017年9月17日

クリステル圧力鍋alto(アルト)でビーフシチュー





夕食はビーフシチュー。クリステルの圧力鍋 alto(アルト)はクリステルの鍋蓋が兼用でき、統一感があっていい。お肉も柔らかおいしくできました。

早めの夕食ゆえ、お腹がすいて夜鳴きそば…なんて流れとなりそう…。アルトの鍋は深さがあるので、大鍋として麺を茹でるのにも向いています。

荒れたお天気、皆さま、お気をつけください。


-- iPhoneから送信

タークでエビグラタン





今日のブランチはエビグラタン。タークひとつで簡単美味!洗い物をあまり出したくない日(やる気がない時ともいう…)はそのまま出せるメニューにしちゃいます(笑)

----------

先の「turk フライパンクックブック」出版のお知らせに際しては、皆さま、あたたかいメッセージをありがとうございました。嬉しく励みになります。

引き続き、タークのある日常もお伝えしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。



-- iPhoneから送信

2017年9月15日

【著書出版・予約開始のお知らせ】誠文堂新光社「turk フライパンクックブック」

10月4日、誠文堂新光社より著書「turk フライパンクックブック」が発売となります。書店やアマゾンをはじめとするオンライン書店での予約もはじまりました!

▼誠文堂新光社「turk フライパンクックブック」(Amazonへリンク)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4416617887/smallpig-22/ref=nosim/

タークは先の著書「使いやすい台所道具には理由がある」でも紹介した、愛用道具のひとつです。このたびレシピ本という形で、その良さ、美味しさをお伝えできるのはとてもとても嬉しいこと!




写真は私のタークたち。20センチのフライパン、20センチのグリルパン2個、24センチのグリルパン、28センチのグリルパンとなります。

こんなにいるの?と言われそうだけど(笑)、私にはそれぞれのフライパンを持つ理由があって、使いたい用途があって、今はこのラインナップになっています。そんな使い分けも後日紹介していきます。

タークはオーブンに入れられるし、このままサーブし、テーブルウェアとしても活用しています(テーブルに黒、鉄が入るとコーディネートが引き締まります)。また、蓄熱性が良いため、タークを型として焼いたお菓子は香ばしくてお気に入り。焼く以外にも、いろんな使い方ができるのが、私がタークを好きな理由です。

それから、フッ素樹脂加工のフライパンのような、お別れがないのはやっぱり嬉しいです。鉄のフライパンは扱いが難しそう、と思われがちですが、タークは焦げ付きもなく、洗うのもスチールたわしでゴシゴシするだけ。気兼ねなく使っています。

レシピや料理についてもおいおいふれていきますね。取り急ぎ、著書出版&予約開始のお知らせまで。みなさま、よろしくお願いいたします。



-- iPhoneから送信

2017年9月10日

【テレビ出演のお知らせ】テレビ東京「よじごじDays」

テレビ出演のお知らせです。

9月11日月曜15:40からの、テレビ東京「よじごじDays」にVTR出演させていただきます。

こだわり食材&調味料を使ったレシピを紹介します。お時間ございましたら、番組をチェックしてくださいね。




そんな私、明日は鍋撮影の予定です。とりあえずリースを荷解き、食材もすごいボリュームです…。無事終わるよう頑張ろう!



-- iPhoneから送信